在留資格の基礎知識

再入国許可の判断基準

入管法には、再入国許可についての規定があります。

入管法第26条第1項

「法務大臣は、・・・(中略)・・・、再入国の許可を与えることができる。」

このように規定はされているのですが、どのような判断基準なのかが書いてありません。

では、再入国許可の判断基準とはどのようなことなのでしょうか。
この判断基準の前提として、日本の国益を保持し出入国の公正な管理を図るという目的があります。

これに基づくと、

  • 申請人の在留状況
  • 申請人の渡航目的
  • 申請人の渡航の必要性
  • 渡航先国との日本との関係
  • 内外の諸情勢等

これらが総合的に考慮された結果、再入国の許可をするかしないかを判断するということになります。

関連記事

お問い合わせはこちら


お問い合わせ

在留資格申請のご説明と料金

就労ビザ申請 就労ビザ
就職/ 雇用をお考えの方
経営管理ビザ申請代行 経営管理ビザ
会社経営や投資をお考えの方
結婚・配偶者ビザ申請代行 結婚・配偶者ビザ
結婚して日本で生活される方
永住ビザ申請代行 永住ビザ
日本での永住をお考えの方
短期滞在ビザ申請代行 短期滞在ビザ
観光や商用で日本に訪れる方
定住ビザ申請代行 定住ビザ
長期滞在を希望される方
家族滞在ビザ申請代行 家族滞在ビザ
家族を日本に呼び寄せたい方
帰化許可申請代行 帰化許可
日本国籍を取得したい方
在留資格更新申請代行 在留資格更新
在留資格の更新をしたい方
在留資格変更申請代行 在留資格変更
在留資格の変更をしたい方