在留資格ビザ最新情報

今年は在留外国人数が増加

  • 2015.10.16

2015年10月16日、法務省から平成27年6月末現在における在留外国人数が公表されました。

まずは、国籍・地域別に見てみましょう。

外国人の数が最も多い国籍は中国で、全体の約30%を占めています。
そして、韓国・朝鮮、フィリピンと続いています。

前年に比べて、増加率が多い国籍は、ベトナム、ネパール、台湾となっています。

在留資格別に見てみると、技能実習や技術・人文知識・国際業務、家族滞在、経営・管理などが平成26年末に比べて増加しています。

都道府県別に見てみると、一部を除くほとんどの都道府県で、平成26年末に比べて増加しています。
最も多い都道府県は、東京都で、447,487人となっています。

なお、福岡県の在留外国人数は、平成27年6月末現在で、58,054人となっており、平成26年末より0.6%増加しています。

福岡県は全国で9番目に在留外国人数が多い県となっています。