在留資格の基礎知識

永住許可申請のタイミングは?

永住許可を申請したい外国人の方で、申請するタイミングが分からない方も多いのではないかと思います。

入管法第22条第1項には、
「在留資格を変更しようとする外国人で永住者の在留資格への変更を希望するものは、法務省令で定める手続により、法務大臣に対し永住許可を申請しなければならない。」と規定されています。

つまり、永住許可申請のタイミングについては、法律上の制限は特にありません。そのため、外国人本人の判断にゆだねられています。

永住許可申請のタイミングを判断するに当たっては、以下のことに注意する必要があります。

  • 審査期間が長期に渡ること(6カ月程度)
  • 現に有する在留期間が最長であること
  • 在留期間満了時には在留期間更新の手続をする必要があること


これらの他にも、満たすべき要件がありますので、それらの点も考慮して永住許可申請のタイミングを判断する必要があります。

永住許可申請をお考えの方、お気軽にご相談ください。

関連記事

お問い合わせはこちら


お問い合わせ

在留資格申請のご説明と料金

就労ビザ申請 就労ビザ
就職/ 雇用をお考えの方
経営管理ビザ申請代行 経営管理ビザ
会社経営や投資をお考えの方
結婚・配偶者ビザ申請代行 結婚・配偶者ビザ
結婚して日本で生活される方
永住ビザ申請代行 永住ビザ
日本での永住をお考えの方
短期滞在ビザ申請代行 短期滞在ビザ
観光や商用で日本に訪れる方
定住ビザ申請代行 定住ビザ
長期滞在を希望される方
家族滞在ビザ申請代行 家族滞在ビザ
家族を日本に呼び寄せたい方
帰化許可申請代行 帰化許可
日本国籍を取得したい方
在留資格更新申請代行 在留資格更新
在留資格の更新をしたい方
在留資格変更申請代行 在留資格変更
在留資格の変更をしたい方