在留資格ブログ

就労ビザからの永住許可申請

永住権(永住許可)については、要件が以下のようになっています。

永住許可の要件

  1. 素行が善良であること
  2. 独立の生計を営むに足りる資産または技能を有する
  3. その者の永住が日本国の利益に合すると認められること


さらに上記に加えて、

  1. 原則として引き続き10年以上本邦に在留していること。ただし,この期間のうち,就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していること。
  2. 罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。納税義務等公的義務を履行していること。
  3. 現に有している在留資格について,出入国管理及び難民認定法施行規則別表第2に規定されている最長の在留期間をもって在留していること。
  4. 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。


つまり、就労ビザの場合は、最低限の条件として

10年以上日本に在留していること
       +
就労ビザに変更して5年以上経過していること

これらが必要になります。

例えば、留学ビザで6年+就労ビザで4年の場合は永住許可の基準を満たさないということになります。

関連記事