在留資格ブログ

婚姻要件具備証明書

日本人と外国人が結婚する場合の必要書類についてです。

婚姻届を提出する際に日本人は戸籍を提出し、外国人は「婚姻要件具備証明書」という書類を提出します。この「婚姻要件具備証明書」は何かというと、外国人がその国の法律で結婚できる要件を備えていることを証明する書類のことです。

日本人と外国人が日本で結婚する場合には、この「婚姻要件具備証明書」を婚姻届の提出先の役所に婚姻届とその他必要書類と一緒に提出することになります。

「婚姻要件具備証明書」に関して、国によって手続きが異なりますが、基本的には日本にある大使館や領事館に問い合わせをして、必要な手続きを経て発行してもらうということになるかと思います。

そして、「婚姻要件具備証明書」の取得ができたらその翻訳を作成して、婚姻届とその他必要書類と一緒に役所に提出することになります。

この過程で外国人の方の国とのやりとりや手続きが必要になるので、「婚姻要件具備証明書」に関する手続きをするときは、余裕をもって行いましょう。

関連記事