在留資格ブログ

外国語文書の翻訳

入国管理局への申請の必要書類の中で、よく出てくるのが「外国語で書かれた文書」です。

申請する本人は、この文書が母国語であるため当然理解できます。しかし、書類を提出する入国管理局は日本にありますから、この文書の内容が理解できるかは分かりませんね。

そこで外国語で書かれた文書を入国管理局に提出する場合は、日本語訳も一緒に提出する必要があります。
では、この文書の翻訳は誰にお願いすればいいのでしょうか?

実はこの日本語訳は誰が作成しても構わないんですね。
ただし、以下のようなことに注意する必要があります。

  • 内容が正確であること
  • 翻訳者のサイン、日付を記載すること

書類が不足している等の理由ではなく、日本人に理解してもらうために日本語訳をつけるということなので、このような形式で大丈夫なんですね。申請書類一式を提出した後に、入国管理局から提出するように言われてしまうと二度手間になってしまうので、申請する時には気をつけましょう。

関連記事