在留資格の基礎知識

入国管理局に提出する書類の有効期限

入国管理局に提出することが考えられる書類としては、非常に多くのものが挙げられます。

  • 住民票
  • 戸籍謄本
  • 結婚証明書
  • 出生証明書
  • 課税証明書
  • 納税証明書
  • 法人の登記事項証明書
  • 不動産の登記事項証明書
  • 卒業証明書
  • 成績証明書
  • 在職証明書


上記はごく一部ですが、非常に多くの書類があります。

入国管理局に提出する書類を有効期限という観点から分類すると次の2つのように考えることができます。

公文書と私文書です。

公文書とは、公的機関(国の機関や役所など)や公務員が作成する文書のことを言います。
私文書とは、公文書以外の文書のことを言います。つまり、民間で作成する書類のことです。

有効期限については、公文書の場合は3カ月以内という制限があります。

私文書について、特段制限はないのですが、極力最新のものが望ましいでしょう。

関連記事

お問い合わせはこちら


お問い合わせ

在留資格申請のご説明と料金

就労ビザ申請 就労ビザ
就職/ 雇用をお考えの方
経営管理ビザ申請代行 経営管理ビザ
会社経営や投資をお考えの方
結婚・配偶者ビザ申請代行 結婚・配偶者ビザ
結婚して日本で生活される方
永住ビザ申請代行 永住ビザ
日本での永住をお考えの方
短期滞在ビザ申請代行 短期滞在ビザ
観光や商用で日本に訪れる方
定住ビザ申請代行 定住ビザ
長期滞在を希望される方
家族滞在ビザ申請代行 家族滞在ビザ
家族を日本に呼び寄せたい方
帰化許可申請代行 帰化許可
日本国籍を取得したい方
在留資格更新申請代行 在留資格更新
在留資格の更新をしたい方
在留資格変更申請代行 在留資格変更
在留資格の変更をしたい方