在留資格ブログ

不法就労(在留資格に応じた活動を行わない場合)

入管法では、在留資格に応じた活動が規定されています。
その在留資格に応じた活動を行わない場合には、不法就労として入管法違反となり罰則が設けられています。

例えば、以下のような場合です。

  • 在留資格「家族滞在」を所持する外国人の方が、「資格外活動許可」を得ずにアルバイトを行う場合
  • 在留資格「留学」を所持する外国人の方が、「資格外活動許可」を得ずにアルバイトを行う場合
  • 在留資格「技術・人文知識・国際業務」を所持する外国人の方が、工場でライン作業の仕事を行う場合
  • 在留資格「短期滞在」を所持する外国人の方が、報酬を得る仕事を行う場合

そのため、所持する在留資格から逸脱した活動を行わないように注意しましょう。

関連記事