在留資格の基礎知識

不法就労助長

入管法では、在留資格に応じた活動が規定されています。

その在留資格に応じた活動を行わない場合には、不法就労として入管法違反となり罰則が設けられています。さらに、そのような不法就労の手助けを行った者も入管法違反となり罰則が設けられています。

例えば、以下のような場合です。

  • 在留資格「家族滞在」を所持する外国人の方が、「資格外活動許可」を得ずにアルバイトを行う場合
  • 在留資格「留学」を所持する外国人の方が、「資格外活動許可」を得ずにアルバイトを行う場合
  • 在留資格「技術・人文知識・国際業務」を所持する外国人の方が、工場でライン作業の仕事を行う場合
  • 在留資格「短期滞在」を所持する外国人の方が、報酬を得る仕事を行う場合

これらの場合において、過失がない場合を除いては「知らなかった」ということは理由になりません。
そのため、従業員を雇用する際には、入管法違反がないかを適正に確認しましょう。

関連記事

お問い合わせはこちら


お問い合わせ

在留資格申請のご説明と料金

就労ビザ申請 就労ビザ
就職/ 雇用をお考えの方
経営管理ビザ申請代行 経営管理ビザ
会社経営や投資をお考えの方
結婚・配偶者ビザ申請代行 結婚・配偶者ビザ
結婚して日本で生活される方
永住ビザ申請代行 永住ビザ
日本での永住をお考えの方
短期滞在ビザ申請代行 短期滞在ビザ
観光や商用で日本に訪れる方
定住ビザ申請代行 定住ビザ
長期滞在を希望される方
家族滞在ビザ申請代行 家族滞在ビザ
家族を日本に呼び寄せたい方
帰化許可申請代行 帰化許可
日本国籍を取得したい方
在留資格更新申請代行 在留資格更新
在留資格の更新をしたい方
在留資格変更申請代行 在留資格変更
在留資格の変更をしたい方