在留資格の基礎知識

上陸拒否

入管法では、国内の治安維持や公衆衛生の観点から上陸を拒否する者を類型化して規定しています。

例えば、下記のような場合です。

  1. 保健・衛生上の観点から上陸を認めることが好ましくない者
  2. 反社会性が強いと認められることにより上陸を認めることが好ましくない者
  3. 日本から退去強制を受けたこと等により上陸を認めることが好ましくない者
  4. 日本の利益又は公安を害するおそれがあるため上陸を認めることが好ましくない者
  5. 相互主義に基づき上陸を認めない者


具体的には、生活保護等の援助が必要な貧困者・感染症患者・麻薬などの所持により法令に違反して刑に処せられたことがある者・銃器、火薬等を不法に所持している者・売春の直接関係者などです。

そして、これには上陸拒否期間というものがあり、それぞれにより異なりますが、1年・5年・10年・永久となっています。
永久となった場合は、残念ながら永久に日本に入国することができません。

こうなると、上陸拒否期間中は原則入国できませんが、上陸特別許可という方法も考えられますが、これには要件があります。また、上陸拒否期間の経過で当然に入国できるとも考えられず、日本への入国は困難な手続きとなるものと考えられます。

関連記事

お問い合わせはこちら


お問い合わせ

在留資格申請のご説明と料金

就労ビザ申請 就労ビザ
就職/ 雇用をお考えの方
経営管理ビザ申請代行 経営管理ビザ
会社経営や投資をお考えの方
結婚・配偶者ビザ申請代行 結婚・配偶者ビザ
結婚して日本で生活される方
永住ビザ申請代行 永住ビザ
日本での永住をお考えの方
短期滞在ビザ申請代行 短期滞在ビザ
観光や商用で日本に訪れる方
定住ビザ申請代行 定住ビザ
長期滞在を希望される方
家族滞在ビザ申請代行 家族滞在ビザ
家族を日本に呼び寄せたい方
帰化許可申請代行 帰化許可
日本国籍を取得したい方
在留資格更新申請代行 在留資格更新
在留資格の更新をしたい方
在留資格変更申請代行 在留資格変更
在留資格の変更をしたい方