在留資格の基礎知識

家族滞在ビザにおける「扶養を受ける」とは?

在留資格「家族滞在」は、以下の活動を行う外国人の方が該当します。

「教授」,「芸術」,「宗教」,「報道」,「投資・経営」,「法律・会計業務」,「医療」,「研究」,「教育」,「技術・人文知識・国際業務」,「企業内転勤」,「興行」,「技能」,「文化活動」,「留学」の在留資格ををもつて在留する者の扶養を受ける配偶者又は子として行う日常的な活動

今回は、その中の、「扶養を受ける」という意味について見ていきます。

在留資格「家族滞在」において、「扶養を受ける」ということは、扶養を受ける必要がある又は現に扶養を受けているという意味です。

例えば、配偶者であれば、経済的に依存している状態を指します。
子であれば、監護教育を受ける状態を指します。

そのため、経済的に独立している配偶者は、「扶養を受ける」状態とは言えません。
また、20歳以上の子であっても、学生である場合などは「扶養を受ける」状態と言えます。

関連記事

お問い合わせはこちら


お問い合わせ

在留資格申請のご説明と料金

就労ビザ申請 就労ビザ
就職/ 雇用をお考えの方
経営管理ビザ申請代行 経営管理ビザ
会社経営や投資をお考えの方
結婚・配偶者ビザ申請代行 結婚・配偶者ビザ
結婚して日本で生活される方
永住ビザ申請代行 永住ビザ
日本での永住をお考えの方
短期滞在ビザ申請代行 短期滞在ビザ
観光や商用で日本に訪れる方
定住ビザ申請代行 定住ビザ
長期滞在を希望される方
家族滞在ビザ申請代行 家族滞在ビザ
家族を日本に呼び寄せたい方
帰化許可申請代行 帰化許可
日本国籍を取得したい方
在留資格更新申請代行 在留資格更新
在留資格の更新をしたい方
在留資格変更申請代行 在留資格変更
在留資格の変更をしたい方