在留資格の基礎知識

家族滞在ビザの在留期間更新

「人文知識・国際業務」、「技術」、「技能」、「経営管理」などの、いわゆる就労ビザを持っている方の妻や子どもは家族滞在ビザを持っている方が多いかと思います。

この家族滞在ビザについても、在留期間更新許可申請をして在留期間の延長をしないといけないわけですが、注意しないといけないことがあります。

それは、資格外活動許可の申請です。

家族滞在ビザでも1週間に28時間以内であれば、アルバイトなどをすることができます。この許可のことを資格外活動許可と言いますが、在留期間更新許可申請をする際には資格外活動許可申請も忘れずに行わなければなりません。

通常、資格外活動許可は在留期間に応じて許可がされます。そのため、在留期間更新が許可された場合、新たな在留期間が設定されることになるのでその期間に応じた資格外活動許可を得なければなりません。

資格外活動許可を得ずに働いている場合は不法就労になることがあるので、注意してください。

関連記事

お問い合わせはこちら


お問い合わせ

在留資格申請のご説明と料金

就労ビザ申請 就労ビザ
就職/ 雇用をお考えの方
経営管理ビザ申請代行 経営管理ビザ
会社経営や投資をお考えの方
結婚・配偶者ビザ申請代行 結婚・配偶者ビザ
結婚して日本で生活される方
永住ビザ申請代行 永住ビザ
日本での永住をお考えの方
短期滞在ビザ申請代行 短期滞在ビザ
観光や商用で日本に訪れる方
定住ビザ申請代行 定住ビザ
長期滞在を希望される方
家族滞在ビザ申請代行 家族滞在ビザ
家族を日本に呼び寄せたい方
帰化許可申請代行 帰化許可
日本国籍を取得したい方
在留資格更新申請代行 在留資格更新
在留資格の更新をしたい方
在留資格変更申請代行 在留資格変更
在留資格の変更をしたい方