在留資格の基礎知識

雇用に際しての外国人の日本語能力

いわゆる就労ビザにおいては、日本語能力は必須の要件ではありません。

しかし、「技術・人文知識・国際業務ビザ」のうち、通訳・翻訳業務については、日本語能力が一定レベル以上でないとそもそも通訳や翻訳ができないので、日本語能力は必須となります。また、日本語が理解できないと行えない業務などについても同様です。

外国人が日本で働くにあたって、日本語が全く分からないという状況では、業務を行うこと自体が難しいというのが現実問題として存在してしまうかと思います。

日本語能力が一定レベル以上であるかの判断として、日本の4年制大学を卒業しているかどうか、海外の大学で日本語を専攻して卒業しているかどうか、日本語能力試験などがあります。

外国人の雇用を検討する場合には、上記のような点も考慮する必要があります。

関連記事

お問い合わせはこちら


お問い合わせ

在留資格申請のご説明と料金

就労ビザ申請 就労ビザ
就職/ 雇用をお考えの方
経営管理ビザ申請代行 経営管理ビザ
会社経営や投資をお考えの方
結婚・配偶者ビザ申請代行 結婚・配偶者ビザ
結婚して日本で生活される方
永住ビザ申請代行 永住ビザ
日本での永住をお考えの方
短期滞在ビザ申請代行 短期滞在ビザ
観光や商用で日本に訪れる方
定住ビザ申請代行 定住ビザ
長期滞在を希望される方
家族滞在ビザ申請代行 家族滞在ビザ
家族を日本に呼び寄せたい方
帰化許可申請代行 帰化許可
日本国籍を取得したい方
在留資格更新申請代行 在留資格更新
在留資格の更新をしたい方
在留資格変更申請代行 在留資格変更
在留資格の変更をしたい方