在留資格の基礎知識

海外から中華料理のコックを呼び寄せる

日本にある中華料理店で調理師として雇用をする場合のビザは、「技能」になります。

手続としては、簡単に説明すると下記のような流れです。

海外から呼び寄せるための手続きの流れ

  1. 日本の入国管理局で在留資格認定証明書の交付を受ける
  2. 本人に送付し、本国の大使館や領事館でビザの発給を受ける
  3. ビザ及び在留資格認定証明書を持参し、日本入国


主な要件としては、下記のようなことが挙げられます。

実務経験が10年以上あること

※実務経験が10年以上あることを立証するために、在職証明書を提出しなければなりません。この在職証明書は10年以上の実務経験を立証するために提出するものであり、最低でも10年分が必須となります。

そのため、中華料理のコックを雇用したい場合には、まずその外国人の方が要件を満たしているかどうかを確認しなければなりません。

そして、要件を満たしているようであれば、上記のような手続きを経て日本に入国することになります。

関連記事

お問い合わせはこちら


お問い合わせ

在留資格申請のご説明と料金

就労ビザ申請 就労ビザ
就職/ 雇用をお考えの方
経営管理ビザ申請代行 経営管理ビザ
会社経営や投資をお考えの方
結婚・配偶者ビザ申請代行 結婚・配偶者ビザ
結婚して日本で生活される方
永住ビザ申請代行 永住ビザ
日本での永住をお考えの方
短期滞在ビザ申請代行 短期滞在ビザ
観光や商用で日本に訪れる方
定住ビザ申請代行 定住ビザ
長期滞在を希望される方
家族滞在ビザ申請代行 家族滞在ビザ
家族を日本に呼び寄せたい方
帰化許可申請代行 帰化許可
日本国籍を取得したい方
在留資格更新申請代行 在留資格更新
在留資格の更新をしたい方
在留資格変更申請代行 在留資格変更
在留資格の変更をしたい方