在留資格の基礎知識

日本に在住する外国人を雇用する

外国人を雇用するためには、雇用する外国人が適正な「ビザ」を所持していることが必要です。
そのため、まずはその確認が必要です。

雇用する外国人が従前と同様の職務内容に就く場合には、特段問題は少ないとは思いますが、不法就労助長罪となってしまう可能性もあるため、雇用主としては少し不安な部分もあるかもしれません。

それを回避するために、外国人を雇用する際にはあらかじめ「就労資格証明書交付申請」を入国管理局に行います。

この「就労資格証明書」により、その外国人が具体的にどのような就労活動を行うことができるかを確認することが可能になります。

また、従前と異なる職務内容を行い、在留資格の変更が必要となる場合には「在留資格変更許可申請」を入国管理局に行います。

関連記事

お問い合わせはこちら


お問い合わせ

在留資格申請のご説明と料金

就労ビザ申請 就労ビザ
就職/ 雇用をお考えの方
経営管理ビザ申請代行 経営管理ビザ
会社経営や投資をお考えの方
結婚・配偶者ビザ申請代行 結婚・配偶者ビザ
結婚して日本で生活される方
永住ビザ申請代行 永住ビザ
日本での永住をお考えの方
短期滞在ビザ申請代行 短期滞在ビザ
観光や商用で日本に訪れる方
定住ビザ申請代行 定住ビザ
長期滞在を希望される方
家族滞在ビザ申請代行 家族滞在ビザ
家族を日本に呼び寄せたい方
帰化許可申請代行 帰化許可
日本国籍を取得したい方
在留資格更新申請代行 在留資格更新
在留資格の更新をしたい方
在留資格変更申請代行 在留資格変更
在留資格の変更をしたい方