在留資格の基礎知識

資格外活動に当たるかどうか

「経営管理ビザ」についてのご相談で、資格外活動に関する質問がよくあります。

どのようなことかと言うと、「経営をしながら仕事をしても大丈夫か?」ということです。

例えば、もともと飲食店のコックだった方が、独立して自分のお店を持ち「経営管理ビザ」で経営を行っている場合、コックが足りない時に経営者が調理をする場合などです。つまり、この「コックが足りない時に経営者が調理をする」ということが資格外活動に当たるかどうかということがポイントになります。

これについては、「経営管理ビザ」については原則として、経営をしなければなりません。

ですが、中小企業などでは経営者が実際に現場での業務を行うことは珍しいことではありませんよね。

そのため、「経営管理ビザ」を持っている経営者が、コックが足りない時等に調理をしたとしても、それがメインの活動とならなければ資格外活動には当たりません。

関連記事

お問い合わせはこちら


お問い合わせ

在留資格申請のご説明と料金

就労ビザ申請 就労ビザ
就職/ 雇用をお考えの方
経営管理ビザ申請代行 経営管理ビザ
会社経営や投資をお考えの方
結婚・配偶者ビザ申請代行 結婚・配偶者ビザ
結婚して日本で生活される方
永住ビザ申請代行 永住ビザ
日本での永住をお考えの方
短期滞在ビザ申請代行 短期滞在ビザ
観光や商用で日本に訪れる方
定住ビザ申請代行 定住ビザ
長期滞在を希望される方
家族滞在ビザ申請代行 家族滞在ビザ
家族を日本に呼び寄せたい方
帰化許可申請代行 帰化許可
日本国籍を取得したい方
在留資格更新申請代行 在留資格更新
在留資格の更新をしたい方
在留資格変更申請代行 在留資格変更
在留資格の変更をしたい方